常に自然体でいること

 

最近よく思うのが、常に自然体でいることの大切さ。

ついつい忙しかったり、失敗が続くと、

人に対しての思いやりを損なってしまいがちになります。

 

常に心を大きく開き、公明正大に、自然体でいられると、

居心地の良い空間が広がっていくもの。

それは、自分に対しても、人に対しても、居心地が良い空間のこと。

 

そんな環境を大切にしながら、ちょっとづつ成長してきたい、

などと考えています。

 

明日も寒いですね。

雪国の方は、お気をつけてください。

 

ソフトプランナー 池田祐一