記憶よりも記録!

こんにちは!

 

ソフトプランナー長屋です。

さて、今日はバックアップについて掲載したいと思います。

 

そんな事わかってるよ!という方も是非見ていただきたいと思います。

 

突然ですが、仕事でもプライベートでもパソコンを使っているという方・・・

データのバックアップ行っておりますでしょうか?

 

バックアップをきちんと行っておけば、パソコンの故障時や買い替え時など

にとても役立ちます。

 

私は仕事で使用するデータはもちろんですが、

パソコンに保存している動画や画像(主に子供の写真など)を必ずバックアップを取りパソコン本体とは別の場所へ保存しています。

 

みなさんはバックアップを行っているでしょうか?

 

そして保存先は正しく設定されているでしょうか?

 

これまでに出会ってきたお客様の中にこのようなお客様がいらっしゃいました。

 

ケース1

バックアップを取っていない。

→危険な状態です。パソコンが壊れてしまえば大事なデータが開けなくなってしまいます。

→解決策として、バックアップの設定方法を伝えました。

 

ケース2

バックアップは取っているが、データの保存先がパソコン本体になっている

→せっかくバックアップを取っているのにデータがパソコン本体に入っているため、

パソコンが壊れてしまうとデータも開けなくなってしまいます。

→解決策としてパソコン本体とは別の場所(外付けのHDDやUSBメモリー)へ保存場所を変更しました。

 

上記ケースのようにきちんとバックアップを取られていないお客様もいらっしゃいます。

なかにはよくわからないからやっていないというお客様もいらっしゃいます。

 

データは頭だけで覚えておくには限界があると思います。

 

記憶することより記録することが大事ですね!

 

データは会社もしくはその方個人の財産です!

 

是非この機会に貴重なデーターを守るためのバックアップの見直しをおすすめいたします。