遠慮と配慮

こんにちは!

ソフトプランナー池田です。

今日は、遠慮と配慮の違いについて考えてみました。

どちらも、同じような意味合いに感じますが、

遠慮とは、
人の目を気にして、自分のしたいことをしないこと。

配慮とは、
人を気遣って、自分の行動を自制すること。

だと私は思っています。

つまり、
意識が外を向いているか、内を向いているか。

これらの違いがわからず、

静かな人のことを、
配慮が出来る人だと思い込みがちですが、

実際は、人の目を気にして一歩を踏み出す勇気がないだけということもしばしは。

配慮ができるが、遠慮をしない。

これが出来ている人は常に意識は外を向いているため、
お客様や、ほかの社員などのことを気遣うことができ、
さらに、物事に勇気を出して取り組んでいくことができる人だと思っています。

そんな外向きのエネルギーを持つことを奨励し、育んでいけるような会社に
なって行くことが、会社を強くたくましく成長させることにつながるはずだと
思っています。

そんなことを、今日は考えました。

ではまた。